検証!最新VAPE(ベイプ)のかっこいい吸い方とは?

検証!最新VAPE(ベイプ)のかっこいい吸い方とは?

若者たちの間で、お洒落アイテムとして、場所を気にすることなく香りが楽しめると、人気を博しているVAPE(ベイプ)。喫煙者だった人たちがVAPEへと移行していたりするのだが、実はVAPE、煙草とは少し吸い方が異なるというのである。

そこで、本テーマではVAPEの正しい吸い方からかっこよく見える吸い方をいろいろと検証してみようと思う。

基本的なVAPEの吸い方をおさえよう

大前提としてVAPEでは電源を押して吸って欲しい。けっして火を付けたりなんかしないように。
火を付けるとは言い過ぎだが、初心者は意外に電源を押し忘れてしまうのだという。いつまで経っても煙が出ないのは、電源を押しておらず、Eリキッドが加熱されないから。そんな初歩的なことと思われるかもしれないが、パソコンとかの電気機器に対するサポートセンターへの問い合わせは実にこの電源の入れ忘れが多いのだ。

煙草とは違い、VAPEは電化製品であることをまず認識しよう。そしてスイッチを押したら、1~2秒待ってから吸うとフレーバーの香り豊かな水蒸気を楽しめるのである。
煙草の場合、煙を吸い込んだら一旦煙を肺に溜め込んでから煙を吐き出す場合と、いわゆる「ふかし」と言われる、煙を肺に溜めこまずに吐き出す吸い方があるが、これはVAPEにも言えることである。フレーバーの香りを一層楽しみたいという人には、水蒸気を吸ったらすぐに吐き出す「ふかし」がおすすめだ。
また、初心者も水蒸気を吸うことに慣れていないので、「ふかし」から始めてみてはいかがだろうか。

VAPEは水蒸気の出し方にもこだわる!?

喫煙期間の長かった筆者は、煙草の煙の行き先が気になる派である。非喫煙者の人と食事に行ったときなどは、口を上やら横に向け、誰もいない方向に煙を吐き出す。

煙をモウモウとしようものなら「煙たい!!臭い!!」などと怒られるんじゃないかと思ってしまうのだ。

しかし、VAPEの場合は、水蒸気をモウモウと出して吸ったほうがカッコいいという一部のカルチャーも存在するようだ。
そういう方々は、自分の吸っているVAPEのフレーバーの香りが周囲に漂うくらいが丁度いいのだというのだから驚きだ。
どんな形状のVAPEを使用しているのかもそうだが、どんなフレーバー、どんなEリキッドを使っているかというところもVAPE愛好家たちの個性の見せ所なのだという。
VAPEで煙をモウモウとあげるコツは、前述したような「ふかし」行為をすればいいのである。3~4回「ふかし」をすれば、水蒸気が立ち込め、あたり一面VAPEのフレーバーに包まれる。もう煙草とは全然違うものだという認識で全く問題ないのである。
もちろん、少ない水蒸気で自己主張し過ぎずに楽しみたいという人もいるだろう。それは人それぞれである。

VAPEは持ち方にもこだわる

VAPEは、持ち方にもこだわる人がいるのだとか。

火が付いている煙草とは違い、VAPEは火が付いてないので(一部多少熱くなることはあるが)どこを持っても構わない。

そこで、VAPEの玄人たちは独自のVAPEの持ち方を考案し、どれだけかっこよく吸っているか、その姿にも美学を求めているのだという。その持ち方はというと、片手でVAPEを手のひらで覆い隠すように持つスタイル、ビジュアル系バンドがマイクを握るようなスタイルと実にさまざまなのだ。

筆者は煙草のクセで、最初は指で挟みたくなったのだが、多くのVAPEは形状的にそれが難しく、無理にやろうとするとかなり滑稽な姿になってしまうのでご注意を。
VAPEは肺に入れる入れない派、煙をモウモウと出す派出さない派、それぞれのかっこいい持ち方、かっこいいスタイルがある。
是非ともVAPEとEリキッドも含め、自分自身のオリジナルスタイルを見つけ出して欲しい。
Tagged

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *