トレンド先どり!VAPE SHOPに聞いたアメリカの売れ筋VAPE

トレンド先どり!VAPE SHOPに聞いたアメリカの売れ筋VAPE

日本では今年に入って話題に上る機会が増えたVAPE(ベイプ)だが、米カリフォルニアにはではすでに3年の歴史があり、VAPEカルチャーがすっかり根付いている。そんな流行最前線にあるVAPE SHOPとはいったいどんな場所なのか?
人気の日本食店が立ち並ぶモールの中にある人気のショップ「MESA VAPE」というお店に伺い、オーナーのROD YOUNISさんに、人気アイテムやVAPE市場の移り変わりについてお話を伺った。
MESA VAPE 店内

カリフォルニア流”VAPEライフ”とは?

ROD YOUNIS (「MESA VAPE」オーナーROD YOUNISさん)
Q.2014年3月に「MESA VAPE」をオープンされたそうですが、オープンのきっかけは?

A.多数の人がVAPEを楽しむ場面を目の当たりにし、また次々にVAPEショップが新しくオープンしている状況を見てきました。VAPE業界は日々大きくなり、今後も需要が伸びて行くこと事を感じ、その流れに自分も乗りたいと強く思ったのが「MESA VAPE」を始めるきっかけです。
Q.「MESA VAPE」のコンセプトや、心がけていることは何ですか?またどんな客さんがいらっしゃるのでしょう?

A.「MESA VAPE」のターゲットは、VAPEを嗜好品として自分の生活に取り込み、VAPEアイテムを楽しみたい人たちです。
日々変わっていくお客様の要望に応えるため、常に店内の商品を入れ替え、新しい商品ラインナップを取りそろえて行くことを心がけています。
お客の年代は25才前後が多く、男性客が7割、女性客は3割です。

Q.今、このお店で人気の商品とはどんなものですか?

A.若い年代にはやはり、MODS商品が人気。一度にたくさんの煙をVAPEしたい!といった需要が多く、高いワット数の出力が可能な機能面に加え、ファッション的要素も強い。また、出力ワット数をコントロールできるBOX型MODSが人気のようです。
一方、初心者や年配の方々には、手軽に使用できるペン型eGoタイプのVAPORIZERが人気です。

トレンド先どり!カリフォルニアの売れ筋商品は?

では、具体的にどんな商品が売れているのか?「MESA VAPE」での人気の商品を紹介しよう。
<ビギナーからミドルユーザーに人気の商品>

ビギナーからミドルユーザーの方々には、コイル式アトマイザーで有名な中国のメーカー「ASPIRE」のペン型バッテリーとアトマイザーが人気。使いやすさと高品質で 好評を得ているのだそう。
売れ筋VAPE(ベイプ)アイテム1
<Aspire CF VV BatteryO>(写真左)
・バッテリー容量:1000mah、1300mah、1600mah
ボルテージコントロール付で、3.3Vから4.8Vまで調整可能。

<Aspire Nautilus Tank ClearomizerO>(写真中央)
・コイル抵抗値:1.6Ωまたは1.8Ω
・素材:ステンレスとパイレックスガラス素材
コイル式アトマイザーの代表的な商品。

<Aspire Atlantis Tank KITO>(写真右)
・コイル抵抗値 0.5Ω
・素材:ステンレスとパイレックスガラス素材
コイル式のアトマイザーの中でも大量のVAPEが可能な商品。

<上級者に人気の商品>

上級者に人気の商品は、一度に大量の煙を吐くために高電圧で稼働できるMODSタイプ。品質とデザインにこだわったMADE IN USAのMODSに注目が集まっている。
売れ筋VAPE(ベイプ)アイテム2
<AMERA VAPE APPOLO>(写真左)
・素材:真鍮、銅
MADE IN USAを代表するMODS。メーカ「AMERA VAPE」の代表的な商品の一つで、非常にきれいな仕上がりで洗練されたデザインが特徴。

<THE FLAGSHIPO>(写真中央)
・素材:ステンレススチール、真鍮、銅
すべてのMODSにはシリアル番号の刻印付。MADE IN USAのシンプルだが高品質なMODS。

<HANA MODZ DNA 40O>(写真右)
出力電圧1-40Wでコントロール可能 。DNA40制御ソフトウェア搭載で、コイルΩ数の自動判別機能付。BOX型MODSの代表的商品「HANA MODZ」の最新作。

関連グッズ「VAPE SOX」が今爆発的な人気に!

Q.ケースなどの周辺グッズの種類も様々ですが、その中で人気のアイテムを教えてください。

A.周辺グッズで人気の商品は「VAPE SOX」というMODS/VAPORIZER専用ホルダーです。
「VAPE SOX」はアメリカ全土に400店舗を展開。利便性、デザイン、カラー&素材のバリエーションの豊富さが米VAPEファンから高く支持され、VAPORIZERユーザーの定番ブランドとなっています。
VAPE-SOX(ベイプソックス)

VAPEカルチャー最前線!米VAPEブームのこれから

Q.カリフォルニアはじめ、アメリカでVAPEブームが起こってから約3年ほど経ちますが、昨今大きく変わったと感じたことはありますか?

A.ショップを開始時点と今では大きな違いを感じてます。
VAPE市場の需要拡大に合わせ、VAPEアイテムの品質はどんどん向上しているし、お客はBIG VAPE(一度に大量の煙を吐く事)を求め、常に新しい商品を探しているんです。
以前はペン型VAPORIZERが90%の割合を占めていましたが、今は30%ほど。一方、MODS型VAPORIZERは10%ほどの割合のみだったのですが、現在は70%ほどの割合を占めるまで認知されています。VAPEアイテムは、よりファッショナブルになり、型、デザインや機能もどんどん多様化しています。
Q.なぜ、アメリカではここまでVAPEが流行したのでしょうか?お客様の反応などからお店が感じることを教えてください。

A.VAPORIZERとEリキッドは、どこにでも持ち運ぶ事ができ、好きな場所で簡単に吸う事が出来ます。
様々なフレーバーのEリキッドが販売されているので、ユーザーが自分の好きな味を選べる事も流行した非常に大きな要因だと思います。また スタイリッシュなデザインの商品が多く、ファッション的要素が非常に強いことも、ここまでブレイクした理由のひとつでしょう。
Q.以前より、一部の公の場での使用が禁止されたりと、規制が厳しくなってきているようですが、その影響は何かありましたか?またお店で自主規制されていることはありますか?

A.今のところ特に影響はないですね。
自主規制している事としては、18歳以下には商品を売らない事。
見た目が若い人には必ずIDの提示をお願いしています。
Q.これからのVAPEカルチャーはどのような変化を遂げると感じていますか?

A.今後ますます商品の品質は向上していくと思います。例えば、BOX MODSはより小さくなるが、より高出力での稼働が可能になり、バッテリーもより長持ちするようになるのではないでしょうか。
MODSの種類もますます増え、デザインとアイデアは多様化していくと思います。
現時点では、タバコに比べて市場は小さいですが、まだまだこれからも需要は伸び続けると思います。
また、ここ数年のうちに予定されているFDA(アメリカ食品医薬品局)の規制開始により、Eリキッドの商品ラインナップは大きく変化していくと感じています。
アメリカでは、世界保健機関(WHO)や、アメリカ食品医薬品局(FDA)が、健康被害に関する報告書を公表し、風当たりがやや強くなっていると思いきや、それが実際に売れ行きに響いているといういことは無いのだそうだ。
RODさんの話によれば、販売店が、若者への健康リスクに配慮して、自主規制を設けながら、丁寧に商品を売っている。また、製造元の開発スピードも著しく、規制に合わせた製品が作られていく土壌があるのだそうだ。そのスピーディで紳士的な対応の積み重ねが、アメリカのVAPEカルチャーをより拡大させていくのかもしれない。

これは、これから日本で本格的にVAPEカルチャーが起こったときの、未来の形と言えるのではないだろうか?
【取材協力】
店名:MESA VAPE
住所:891 W Baker St, Ste B-11, Costa Mesa, CA 92626
設立日:2014年3月

情報提供 from JPvapor

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *