【VAPE(ベイプ)】Eリキッドの成分って一体何?

【VAPE(ベイプ)】Eリキッドの成分って一体何?

VAPE(ベイプ)が現在、海外を中心にした若者たちの間で人気を博している。その大きな理由として、煙草と違い副流煙の影響もなく公共の場でも気兼ねなく吸えること、専用のリキッドを入れることで自分の好みの味にすることができることが挙げられる。

ただ、リキッドの有害無害については、さまざまな憶測が飛び交い現状どの情報が正しいのか判別がつきにくい。そこで今回はこのEリキッドの成分を調べるとともに、有害無害についても述べてみたいと思う。

Eリキッドの成分にはどんなものが含まれているのか

Eリキッドは、主成分はベジタブルグリセリン(VG: vegetable glycerin、植物性グリセリン)をベースに調合されており、大多数のメーカーがオーガニック認証のベジタブルグリセリンを使っている。
このオーガニック認証のベジタブルグリセリンは、オーガニック系のアロマにも含まれている成分で、アロマが好きな人などは、何も気にせずに摂取している成分である。
さらにプロピレン・グリコール(PG: propylene glycol)という成分が含まれている。
VAPEが危険であると言われるのは「不凍液の主成分」が含まれているからなのだという。このプロピレン・グリコールがそれらしいのだが、よくよく調べてみると有害性のあるジエチレン・グリコールと混同されてしまっているようだ。
プロピレン・グリコールは過剰摂取しなければ大きな問題はなく、安全と呼ぶことのできる成分であり、正しい知識をもっていればこれが人体に悪影響を及ぼすことはないということがわかる。
なぜなら、プロピレン・グリコールは多くの食品や化粧品にも含まれているだけでなく、喘息吸入器(アルブテロール)の主成分となっており、この蒸気を吸ってもまったく身体には問題がないのである。
というか医療行為として行われているのだから、これ以上取り上げて言うこともないというものだ。
そして香味料(flavoring)も含まれているが、これは既に市販されているジュースや多くの食品にも含まれている成分で、摂取してもまったく問題が無いことは明白である。
最後の成分がニコチンとなるのだが、Eリキッドにニコチンが含まれているのは海外での話。
日本では薬事法上、販売が許されているのはニコチンゼロの商品だけなので、日本で販売されているEリキッドにはニコチンは含まれていない。
またニコチン自体も健康への影響にはいろいろな説があり、血管を収縮させる特徴があるものの、一方で集中力を高めたり、鎮静効果があることも認められている。
こうしてみると、巷で言われているような有害物質は、ほとんど見当たらない。

安全にVAPEを楽しみたいならVAPEを正しいルートで購入する

こうやって見ていくと、国内で販売されているVAPEは勿論、海外で製造販売されているVAPEもその主成分や使用方法を鑑みれば、目くじらを立てて大騒ぎするほどの人体に有害な物質は含まれておらず、ある程度安心して使用できるのではないだろうか。
ただ、今巷で騒がれているようなVAPEやEリキッドは、その製造、販売元に大きな原因がある。残念ながらVAPEの人気に目をつけ、法の目をかいくぐって人体に悪影響のあるEリキッドを製造し、これを安価で売っている悪質な業者もあるようだ。
日本でもVAPEを海外から個人が輸入する場合には法的罰則もなく、これを悪用している者たちもいるという。
これはどのような食品や食材、医療品にも当てはまることであるが、国内の販売店で購入する場合も、個人的に海外から輸入する場合も、正しい知識をもって正規のルートで購入することが一番望ましいのである。
VAPEを愛好するにも、VAPEを禁煙補助器具として使用するのも個人の自由であるが、結局、怪しいルートで購入して、健康を害してはもともこもないのだから。
Tagged

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *