Kamry「Mini X9」【VAPEレビュー】

Kamry「Mini X9」【VAPEレビュー】

昨今、世界的なブームとなり広がりつつあるVAPE。日本でも徐々にその認知度が高まってきており、若い人たちを中心にVAPEが愛用されはじめている。
そうした中、「どれからはじめたらいいのだろう?」とか「そもそもどんなものなの?」といったようにVAPEに興味があるが、あと1歩を踏み出す勇気が持てない人も多いのではないだろうか。
そこで、今回から様々なVAPEを取り上げて皆さんに紹介していく本企画がスタートした。

Kamry「Mini X9」

まず今回紹介するのは、Kamry「Mini X9」だ。
Kamry社の製品は、海外の有名スターたちが愛用していたこともあって、海外だけでなく日本でも定番のVAPEとして愛用者が多いのも特徴だ。
そして、Kamry「Mini X9」は、非常に使い易い構造になっており、初心者が使用するにはうってつけの製品なのだ。

Kamry「Mini X9」
Kamry「Mini X9」に同梱されているのは、

Kamry「Mini X9」 本体(アトマイザーとバッテリー)×1個
USB充電ケーブル×1個
USBコンセント×1個
取扱説明書

となっている。購入したばかりのときは充電がされていないので、本体をアトマイザー部分とバッテリー部分に分けて、同梱されているUSB充電ケーブルとUSBコンセントをつかって充電する必要がある。
充電ケーブルの先にランプがあり、フル充電になるとランプが赤から緑に変わるので、これを目安に過充電にならないようにUSBコンセントをはずしておきたい。

Kamry「Mini X9」を実際に使用してみる

それでは実際に吸ってみよう。
まず、アトマイザー部分のバルブを取り外し、リキッドを入れるのだがKamry「Mini X9」は、他の製品より若干アトマイザー部分が大きくなっているのでリキッドが入れやすい構造となっており、初心者には嬉しい設計となっている。
リキッドを入れる際には、入れ過ぎや真ん中にある穴にリキッドが入らないように注意をしたい。

そして、アトマイザー部分とバッテリー部分を接続したら、スイッチを2秒以内に素早く5回押すと電源がONとなる。もう一度、5回押すとOFFにすることができる。
電源が入ったら、ゆっくりとボタンを押しながら吸い口から吸えばよい。

Kamry「Mini X9」は、充電の残量が少なくなるとボタンの色が変化して教えてくれるのもユーザーの使い勝手を考えた設計となっている。表示は、白色がフル充電。青色がある程度充電がある。赤色は残量が少なくなったことを示している。

Kamry「Mini X9」を使用した感想

Kamry「Mini X9」は、ステンレス製でシンプルでありながら洗礼されたデザインとなっているので、性別やTPOを問わずに使用できるところが魅力ではないかと感じた。
また、掌におさまるコンパクトサイズなので持ち運びも便利。外出中に使用するにはシンプルな使い勝手も重宝するはずだ。なにより、スタイリッシュなデザインのためにちょっと大人っぽい印象を周囲に与えることができるかもしれない。
VAPOR(水蒸気)の量は、小型のためそれほど多くはないが、はじめてVAPEを使うのであれば丁度よいVAPOR(水蒸気)量ではないだろうか。また、バッテリーの持ち時間もさほど短いとは感じることがなかった。
はじめてVAPEを試すのであればKamry「Mini X9」はとても良い商品なのでオススメしたい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *