「Vape Life Garden」気さくなスタッフがあなたにぴったりのVAPEを提案

「Vape Life Garden」気さくなスタッフがあなたにぴったりのVAPEを提案

東京都八王子市の一角にある、「Vape Life Garden」。昨年8月にVAPEを専門的に扱うインターネット通販サイトとして始まり、同11月に実店舗をオープンした同店は、気さくなスタッフがその人にぴったりの商品をおススメしてくれる初心者でも入りやすいショップだ。

Vape Life Garden
同店で働くスタッフの田中憲一さんは昨年VAPEと出会い、その魅力と可能性を実感したことから、現店長の管野良太さんと一緒にVAPEショップを開店した。「当時、アメリカやヨーロッパではVAPEが大きなブームになっていたのに対し、日本ではブームが訪れておらず、日本も市場拡大の可能性があるのでは、と考えていた」と、開店の理由を話す。

いざ実店舗を開店してみると、「色々なジャンルの人たちが来てとても面白かった」と田中さん。その言葉通り、店舗を訪れる客層は大学生から70代までと実に多様だ。もともとタバコを吸っていた人がVAPEにも興味を持ち、来店することが多いという。

品揃えにおける一番のこだわりは、商品の品質だ。田中さんは開店にあたり、本当に安全な商品だけを取り揃えるために、VAPEの仕組みを徹底的に勉強した。電流の知識を「オームの法則」から学び直したほどである。注文して店舗に届いた商品も実際に手に取ってみることを欠かさない。粗悪品だと分かれば、決して店頭には並べない。「安全であることは大前提、壊れにくいもの、持ち運びやすいものなど、とにかく色んな視点で質と満足度を検証し、『良い商品』を取り揃えるようにしています」と、自信をみせる。

店内に並ぶリキッド
もう一つのこだわりは、「誰でも買えるものではなく、あまり手に入らないものを取り揃えること」。日本では珍しいフィリピンなどのアジア諸国の商品やヨーロッパの商品も輸入しており、ここでしか手に入らない品揃えを追求している。そのため、レアな商品を求める全国のVAPEファンからも注目を集めている。VAPE通販サイト「VAPE LIFE online store」(http://ex-dev.co.jp)も、全国各地から注文が絶えない人気だ。

取材の途中、常連客とみられる男性が店を訪れた。田中さんと管野店長の2人は、その男性にリキッドをいくつか試してもらい、売れ筋や味の特徴、そのリキッドをおいしく吸えるコイルの抵抗値などを丁寧に説明していた。楽しく会話をしながら、その人の味の嗜好や使用しているVAPEを踏まえて、次々と適切なアドバイスをしていく姿に、店の人気の理由を垣間見た気がした。

管野店長 VAPEをスマートに吸いこなす管野店長
笑顔が素敵な管野店長に、「かっこよくVAPEを吸ってみてくれませんか」と、お願いをしてみたところ、「VAPEを持つと自然とかっこいい握り方になるし、吸い方もかっこつけてしまうんですよ」と、少し照れながら吸ってくれた。普通に吸っているだけでも、ファッションの一部のようにVAPEが溶け込んでいる。

希少価値が高く、新しい海外のリキッドを取り揃えながらも、商品の安全性には万全を期す「Vape Life Garden」。管野店長は「VAPEを楽しむには、知識も必要。節度を守り、モラルを持って安全に楽しくVAPEをやりましょう」と、全国のVAPEファンにメッセージを送ってくれた。

一度吸ったらやめられない!「Vape Life Garden」だけで買えるリピーター続出リキッドとは?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *