【他人の視線が気になる編】VAPEっていったいどこで吸えるの?

【他人の視線が気になる編】VAPEっていったいどこで吸えるの?

今、日本の主要都市を中心に、密かなムーブメントが起きているVAPE(ベイプ)だが、その一方で、はじめて聞いたという人もいるだろう。
今日本では、一体どんな場所でVAPEを楽しむことが出来るのだろうか。
ニコチンやタールが含まれているわけでもなく、副流煙も出ないのだから、「どこで吸ってもいいのでは?」という仮説のもと、一体どんなスポットで吸えるのか、実際にVAPEを持ちこんで、居心地を体験してみた。周りの人の反応はいかに!?

居酒屋編

居酒屋
まずは、最もハードルの低そうな、某居酒屋チェーンで試してみた。

結果:全然大丈夫。

ほぼ、見向きもされない。全く視線を感じない。
居酒屋のアルコールでだいぶ出来上がった人たちがたくさんいる中、口から沢山煙らしいもの(水蒸気だけど)を出している人間が1人くらい紛れてようと気にならないのだろう。
もしかしたら、忘年会シーズンというのも手伝って、一人静かにVAPEを吹かすやつがいてもどうってことないのかもしれない。

BAR編

BAR
同じ飲み屋とはいえ、居酒屋よりも他人との距離が近いBARのバーカウンターで試してみた。

結果:めちゃめちゃ話しかけられるけど、全然大丈夫。

それどころか、色んな人がVAPEに興味を持ってくれて、中には「買ってみよう」という人も。そう言われると、こちらとしても嬉しい気持ちになる。因みにここは、カクテル一杯800円程の至って普通のBAR。カウンター15席、テーブル2席といったところ。
やはりお酒があるところでは、VAPEへの関心も高いようだ。

ファミレス編

近所の某ファミレスチェーンの禁煙席で試してみた。

結果:店員に移動を促された。

喫煙席に移って吸ってみた。

結果:初めこそ「おや?」という目で見られたが、少し経つと大丈夫。

喫煙席に移ってから、初めは周囲の喫煙者たちが見慣れないものを見る視線を送ってきたものの、電子タバコ的な何かだと理解してくれたのか、その後は自然に楽しめた。
喫煙者でもVAPEを見たことが無い人はまだ多いようだ。

駅構内編

都内の某駅の構内で吸ってみた。

結果:勇気を出し、「水蒸気です」とキッパリ言えば吸える。

たまたま目があった駅員が駆け寄ってきて、注意される。
「やっぱりダメか…」と内心思いつつ、勇気を出して、「これ、煙草じゃなくて、VAPEというもので、煙じゃなく、水蒸気なんです」と言ってみる。 すると駅員さんは、「すみません」と一言残して、その場を去って行った。

それにしても、周囲の視線は少々刺ささる。

道端編

歩きながら、VAPEを燻らせてみた。何より、気持ちがいい!自分の出したVaporが空高く上っていく解放感。

結果:全然大丈夫。

意外なことに、振り向かれたりもしなかった。
忙しい師走、そんなに通りすがりの人を見ている暇は無いのかもしれないし、単なる歩き煙草と思われたのかもしれない。
また、もしかしたら息が白くなっただけと思われたのだろうか。夏場だともっと目立つかもしれない。

吸い心地の総評は?

色んな場所でVAPEを試してみたが、ポイントとなってくるのは、「他者に嫌がられないか」だけではなく、「日本人にはあまり馴染みのないものを吸って、注目を浴びてしまうことが恥ずかしくないか」の2点だろう。
規制は無いので、どこで吸ってもいいことになっているはずだが、「周囲の理解が得られるか?」はまた別問題のようだ。

今後、VAPEがもっと全国的に市民権を得るようになれば、普通の煙草とは違ったルールで楽しむことができるようになるのだが、ネット上には、「道端でVAPEを吸っていたら、警官に呼び止められた」という体験談もあり、VAPEの認知や正しい情報の普及が待たれるところだ。
VAPEの普及とももにVAPEに関する正しい理解が早く広まって欲しいと願う。

堂々と吸うならこんな場所!VAPEを取り扱う面白スポット3選

そんな中、トレンドを先どりして日本国内で、VAPEを取り入れているお店がある。
現在、VAPEに触れる機会と言えば、販売店で試し吸いが出来るというのが主流だが、それ以外にも面白VAPEスポットがあるので紹介しよう。
VAPE BAR GENKI
東京・根岸にあるVAPE BAR。
販売はもちろん、飲んでいる間にVAPEの貸し出しを行っているらしい。
禁煙席でもVAPEが吸えるとHPでも謳う、時代を一歩先行くBAR。
買おうか迷っていたり、一度ゆっくり試してみたいという方は、ここでVAPEを試してみるのもいいかもしれない。

Player’s Field KAIEN
福井にある、レンタルホール。
様々なイベントを開催したり音楽スクールも兼ねているようだ。
ここでは、週末の夜VAPE BARを営んでいて、お酒を飲みながら、VAPEに関する相談に応じてくれるようだ。

TREASURE ISLE
宮崎にある、インドアスケートパーク併設のこちらの施設でも、VAPEを取り扱っていて、スケートの合間にVAPEを嗜むなんていう斬新な楽しみ方も。

探せば実はいろいろある全国のVAPEを試せる面白スポット。

もちろんVAPEならではの、家の中や車の中で吸っても煙草臭くならないという特性も生かしつつ、「Vaping OK」なスポットで、VAPEとの新しい付き合い方を発見してみるのもおすすめだ。
【電話で聞いてみた編】VAPEっていったいどこで吸えるの?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *