ユーザーから販売側に VAPE界のカリスマGabish氏インタビュー②

ユーザーから販売側に VAPE界のカリスマGabish氏インタビュー②

電子タバコ界のカリスマ“Gabish”氏は、もともとはひとりのユーザーとして情報発信をしていた。それが一年半ほど前からネットショップを開設、自身でも販売を始めるようになっている。いまや電子タバコもかつての「禁煙グッズ」という位置付けから「新しい嗜好品」という側面も出て来ている。そこでGabish氏に電子タバコとの付き合い方、そもそも電子タバコとは何かを聞いた。


Q:最近では、電子タバコも「禁煙グッズ」としてだけではなく、新たな嗜好品という捉え方も出て来ています。

Gabish:私も含め、節煙のために電子タバコをはじめる方もいらっしゃると思いますが、電子タバコは、タバコの代用品にはならないんです。薬事法の問題で日本ではニコチン入りのリキッドは販売できない。そういう意味でタバコの代用品ではない。タバコとは違う、新しい嗜好品としての可能性が大きいと思っています。身体への負担は小さいし、なによりもフレーバーの数がものすごく多い。今もタバコの味がするフレーバーはありますが、電子タバコを始めるときはタバコフレーバーを吸っても、やがて全く違うフレーバーを吸いだす人が多い。気分によって、フレーバーを自在に変えることができるということは大きな魅力ですね。そこに新しい嗜好品としての可能性を感じます。

Q:タバコはいわゆる一つの文化という側面も持っていると思うのですが、電子タバコも文化になっていくのでしょうか。

Gabish:個人的にはそこにあまり興味は無く、あくまでも「電子タバコが欲しい/興味がある」という人に信頼できる情報を伝えたいだけなのですが、一年半ほど前にIce Vapeさんが“VAPE”という呼称を持ちだしてきて、電子タバコを取り巻く雰囲気が変わったかもしれません。ただ、タバコの代用品と言うよりも、新しい大人のおしゃれ、カッコいいモノという雰囲気が強くなってきました。アトマイザーをはじめ、ガジェットとしての面白さもありますし、自分でコイルを巻くなど趣味性が高い側面もあります。

gabish3
Q:Gabishさん自身もイベントを手掛けられるなどの活動もされていますよね。

Gabish:昨年の8月に池袋で日本初のVAPEの大型イベントを開催しました。今年も8月8日に六本木でイベントを開催します。もっと電子タバコのことを知って欲しい、もっと楽しんで欲しいという気持ちは強いんです。節煙が目的で始めましたが、今は電子タバコならではの魅力に取り憑かれてしまっているのかもしれませんね。


<イベント情報>
『JPV Meet 2015』
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/012nh9xmqpch.html

日時:2015年8月15日 午後2:30 ~ 午後8:00
場所:『V2 TOKYO』 ヴィースクウェア東京・六本木
住所:東京都港区六本木5-5-1 ロアビル13F
参加費:2,600円(1ドリンク込)チケット事前購入可能、詳細はFacebookのJPVapers.comグループにて

今年で第2回となる電子タバコイベント。日本最大のVAPEコミュニティ「JPVapers.com」が主催する年に一度の大型イベントです。初心者からマニアまで、様々な参加者による「大型の親睦会」でもあります。

当日にはリキッドメーカー、国内ショップ、海外Modderさんや国内新製品の即売、また抽選会によるお宝ゲットのチャンスやサプライズなども企画されています。ユーザーの裾野が拡大中のVAPEですが、仲間を探して一緒に楽しむチャンスです。

※未成年入場不可

自分が人柱に… VAPE界のカリスマGabish氏インタビュー①
「M5+」日本VAPE界が誇る6人のプロが作りあげたセレクトショップ
VAPEのプロ集団が経営するセレクトショップ「M5+」で売れ筋の商品をレポート!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *