ビジネスマンの新常識!VAPE(ベイプ)は米・仏では当たり前!?

ビジネスマンの新常識!VAPE(ベイプ)は米・仏では当たり前!?

アメリカ、ヨーロッパを中心に人気を博しているVAPEであるが、このVAPEの流行によってアメリカやフランスではVAPE専門のバーやカフェができたりと生活に密着してきているのだとか。そもそもVAPEを含む電子タバコは2003年に中国人の研究者、韓力氏によって開発されたのだという。
しかも、約10年あまりで4000億円にもなる市場に成長し、いろいろな意味で世界中が注目しているのである。

VAPEは、電気で発熱して生まれる水蒸気を肺内に吸い込むシステムで、日本では法律上の問題でニコチンを含んだリキッドの販売は禁止されているが、フランスをはじめとするヨーロッパやアメリカではニコチンを含んでいるものの販売が認められている。それでも今の所は煙草よりもはるかに健康リスクが少ないと言われており、煙草に厳しい世間の目が光っている欧米では、煙草からVAPEに乗り換える人たちが続出しているのだという。

そして、このVAPEが健康イメージの点で注目され、ビジネスマンをはじめ働く人たちの休憩スタイルが変化しているというので取り上げてみたいと思う。

フランスの職場では煙ならぬ水蒸気が立ち込めている

フランスのVAPE(ベイプ)事情
一昔前であれば、日本の職場でも煙草の煙がモウモウと立ち込めていたが、今では急激に分煙化が進み、すっかりそんな光景も見られなくなってしまった。一方フランスでは、VAPEの登場によって、この光景が復活しつつあるというのだ。フランスは喫煙大国であり、喫煙人口は1500万人いるという。OCEDの調査によればフランスの喫煙率は先進国のなかでも非常に高く26%と日本の23%を上回っているという。

そんな喫煙大国フランスでも2007年から、公共の場や職場、レストラン、交通機関での喫煙が禁止され、仕事中に煙草を吸いたくなったら、建物の外に出で一服しなければならないという環境整備が進められた。

そんな中で注目されているのが、VAPE(電子タバコ)だ。

VAPEは、煙草よりも健康リスクが低いと言われていることや、ほとんど周囲に迷惑がかからないため、屋内での「使用」が法律で禁止されていない。そのために雇用者や土地の所有者が許可を出せば自由に吸えるのだという。

これによってデスクでVAPEが吸える職場が出現しており、喫煙のために移動しなくてもいいことから仕事の生産効率も上がっているという。
そういったことから、フランスの職場では水蒸気が立ち込めるという光景が戻って来ているのだという。

喫煙者が仕事場で、堂々とVAPEを使用する姿が再び戻って来ようとしているのだ。

タクシーやトラックのドライバーが愛好している

タクシー・トラックドライバーのVAPE(ベイプ)事情
あの煙草特有のにおいがないため、女性にもVAPEの愛好家が増えているというのだが、このにおいがないという利点がタクシーやトラックドライバーたちにの間でも好んで利用されているのだという。そういえば日本でもタクシードライバーが路肩に車を止め煙草を吸っている光景がみられるようになった。タクシードライバーも喫煙するには一苦労しているようである。

また、煙草を吸いながら長距離を運転しているイメージのあるトラックドライバーたちも、現在は会社から支給されているトラックの中は全面禁煙であり、サービスエリアで吸うしかないのだという。しかも、このサービスエリアでも喫煙所が削減されているのが現状だということを聞いたことがある。

喫煙者のトラックドライバーにとって長い間、喫煙できないということは大変辛いことだろうと想像ができるが、そういったこともVAPEが解決してくれるのだという。

実際に欧米のタクシーやトラックのドライバーは、車内でVAPEを吸いながら仕事をしているのだというから、この流れが日本に来るのもそう遅くはないように思える。公園に車を停めて休憩をしているタクシードライバーやサービスエリアの喫煙所に集うトラックドライバーの姿は消えるかもしれない。

街が綺麗になる?

たばこの吸い殻
灰皿が必要ないVAPEの効果なのか、喫煙モラルが低いといわれているフランスの街では、道に捨てられていた煙草の吸い殻が少なくなったのだという。煙草を吸えば吸殻が出るのだが、VAPEは出ない。この処分に苦慮することもなく、気軽に吸えるのだから嬉しいことではないだろうか。
と、欧米諸国の事例にあるように、日本でもVAPEの登場によって働く人たちの休憩スタイルや街の景観までもが変化していくかもしれないのである。また、映画館やテーマパークといった場所でも煙ならぬ水蒸気が再び立ち込めるかもしれない。
喫煙者にとってこれほど嬉しい話はないのでは?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *